2014.01.01 Wednesday
 禅太jpg
2014年元旦。
新年あけましておめでとうございます!
旧年中は色々とどうもありがとうございました!!
良い一年になりますように。

写真は昨年12月に生まれた我が子。
まっさらな所から、これから色んな感情を体験していくんだねえ。
私も新たな経験を重ねていくだろう。
陣痛がいよいよ5分間隔になっていざ病院に行く直前にラジオから流れていたのは二階堂和美さんバージョンの「ケセラセラ」だったのだ。人生「なるようになる♪」んだぜマイボーイ。
≫2014.1.1 | 09:18 | - | comments(0)
2013.12.22 Sunday
祝福写真集

(*12/14、青山ブックセンター六本木店、LOUTO、秦政書店大竹店、12/22、横川シネマ、artos Book Store、1/5たべるとくらしの研究所追記しました!!)

「祝福」写真集、色々なお店でお取り扱い頂くことになりました!
うう、、嬉しい、、。
ありがとうございます!
素敵な書店さんや雑貨屋さんに、、。
お近くのみなさま、お立ち寄りの際は是非お手にとってご覧下さいませ!

東京
吉祥寺 ヒトト
吉祥寺 オーガニックベースアトリエ間間(教室
蔵前 in-kyo
代官山 蔦屋書店
等々力 巣巣
下北沢 B&B
六本木 青山ブックセンター六本木店*NEW!

千葉
印西市 

静岡 
沼津 hal

京都
ガケ書房(ガケ書房さんではweb販売も→

奈良

新潟

長崎

盛岡
喫茶carta

青森
THE STABLES

北海道
たべるとくらしの研究所*NEW!

広島
LOUTO*NEW!
秦政書店大竹店*NEW!

島根
artos Book Store*NEW!

そして期間限定!
11/22-12/1東京表参道のかぐれにて行われる、祝福にご登場頂いたomotoさんの展示「暮らしのわ」←終了しました!充実の展示でした!
11/22,23で福島のあんざい果樹園にて行われる、これまた祝福にご登場頂いた中島デコさんのイベントでも販売頂きます。←終了致しました。素敵な会だった模様。ありがとうございました!

是非一家に一冊、、と決まり文句を言ってみたりしつつ、多くのみなさまの手に届くといいなあ、、と夢見ております。

大体¥525-で販売です。


≫「祝福」写真集 取扱い店更新!(12/22追記) | 14:00 | 作品 | comments(1)
2013.12.05 Thursday
nico
「まよいながら、ゆれながら」発売記念「つながって、輪になって」、イベントとしては福島あんざい果樹園と東京in-kyoから始まり、写真の展示としては(本の中からと未掲載合わせ25点程。そしてその時々であんざい果樹園のくだもの等の販売やライブやトークなども)長崎orange spice〜徳島aalto coffee〜奈良風の栖、とまわってきました。
足をお運び下さった皆様、どうもありがとうございました!!
そして今年最後は、大分湯布院のnicoドーナツさんにて12/7(土)〜12/18(水)開催です。
うおお、写真と共に回りたい、、。
この巡回展でも、そして祝福写真集お取り扱い店でも、色んな行ったことのない場所の素敵なお店とご縁が出来て嬉しくて、そしてその場所に思いを馳せて旅気分を味わっておりますです。
お近くの方、湯布院に旅される方、よろしければ是非お立ち寄り下さいませ。

そうそう、上の写真はnicoドーナツさんが東京の麻布十番にも店もあるというので行って買ってみたプレーンドーナツ。
大豆ペーストを使ったドーナツ、軽やかで美味しかった!

nicoドーナツ 湯布院本店

〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上3056-13
電話 0977-84-2419
営業時間 10:00〜17:00

≫つながって、輪になって in nicoドーナツ湯布院本店 12/7~18 | 10:52 | 作品 | comments(1)
2013.12.05 Thursday


「おもてなし野菜料理うちのレシピ」(主婦と生活社刊)。
七人の料理家さんの野菜たっぷり(肉、魚もあったりなかったり)のおもてなしレシピ本、登場順に、サルボ恭子さん、内田真美さん、冷水希三子さん、中川たまさん、撮影しました。
美味しかったなあー!
三村健二さんが、坂田阿希子さん、渋谷有美さん、山戸ユカさんを撮影。
皆さん美味しそうです。
カバーは中川たまさんが根菜ミネストローネを注いでいるどアップです。
年末の招いたり招かれたり持ち寄ったりにも、普段にも、よさそうな一冊です。




2011年に単行本が出た綿矢りささんの「かわいそうだね?」(文春文庫)が文庫になりましたよ。写真そのまま使って頂けて嬉しいなあ。AD名久井さんと編集八馬さんが撮影日までに一生懸命いい塩梅に花を枯らし(!)、撮影日には必死に靴を切っていたよなあ、、と思い出します。

≫おもてなし野菜料理と文庫本 | 10:26 | 仕事 | comments(0)
2013.11.26 Tuesday


ツイッタにばらばらと書きましたが、ある日届いた荷物。あけると中は二階堂和美さんの「ジブリと私とかぐや姫」CDと、映画館で配られるかぐや姫のプロモーションDVDで、そこには境内で撮らせて頂いた二階堂さんの写真を使って頂いていて、うれしくてありがたかったのですが、早速聴いてみたら贔屓目抜きで、書き下ろされた曲からジブリのカバー曲まですんごくよかった!です。
音楽の喜びがきらきら輝いていて、いい曲色々の中で、全体の中ではメインではないかもしれないけれど「歩き回って走り回って」〜「歓喜」への流れに感じる魂の自由さがまたよくて、、CD嬉しくリピートしております。
CDには曲作りの過程での高畑監督と二階堂さんの往復書簡が入っていて、ともに物を作る真剣勝負、お二方の真摯な態度、素晴らしいものを読めたな、、と思いました。
生み出す二階堂さん、引き出す監督。

幸運にも試写で見せて頂いたかぐや姫、線画のようなアニメーション表現と描かれる風景の美しさに口をあけて見とれ、人間の愛おしさや駄目さや不条理さにふむむと思い、二階堂さんの歌のタイミングがぴったりだなあと思い、実に実に良い映画鑑賞体験をさせてもらった、、と思いました。
すごいなあ、、。

こどもの頃大好きだったカリオストロの城、ナウシカ以来(いつの話、、)久々にジブリ映画をふたつも(風立ちぬとかぐや姫)観た今年であります。
≫かぐや姫と二階堂さん | 20:15 | 日々 | comments(0)
2013.11.25 Monday
草ちゃん
「まよいながら、ゆれながら」発売記念「つながって、輪になって」(本の中からと未掲載写真合わせて25点程展示、あんざい果樹園の果物の販売など)ぐるぐる巡回しておりまして、現在奈良の風の栖さんの庭小屋で開催中です(12/1まで)!
庭小屋、、なんていい響き!
というか、、風の栖(かぜのすみか)という店名自体がなんとも素敵で、人は誰でも自分の風を持っていて、よどんだものを吹き飛ばし、心地よいものを運んでくる、そういう風がたくさん集まったり流れたり出来る場所に、という思いを込めてつけられた名前だそう。
長いバックパックの旅の後、大切なものを置く店としてスタートしたそうで、これまたいつか訪ねたいお店が増えました。

(まだ奈良のお店には伺えてませんが、先日風の栖の宮川さんが、扱っているイスラエルの手作り靴NAOTのキャラバンで中目黒にいらしていて、マイ初NAOT購入しまして、うむうむ、なかなか気持ち良いぜ、、と最近日々履いておりますよ。新品も新品のつるつる感はなくいい感じですが、これから俺仕様に味が出るのが楽しみです。)

お近くのみなさま、もしよろしければ是非!
そして、まよいながら、ゆれながら、手にとって頂けたら幸いであります。

風の栖
奈良市高御門町17
0742-20-6887
11:00~日没くらいまで
≫つながって、輪になって in 奈良風の栖。 12/1まで | 18:12 | 作品 | comments(0)
2013.11.16 Saturday

・「伊藤まさこの雑食よみ」伊藤まさこ メディアファクトリー
表紙まわりと中面何章分かを。


神保町探索も。これはさぼうるのページ。



・「もうひとつ食べたくなる軽やかな焼き菓子」吉川文子 家の光協会
バター、生クリームは使わないけど、ヨーグルト、牛乳を使った焼き菓子。


城素穂さんのシックなスタイリング。



・「イタリアでのこと」平澤まりこ 集英社
平澤さんのイタリア滞在記。
ご本人撮影の写真が主ですが、一緒にフィレンツェ出張した時に撮った写真を使って頂いてます。


小口の赤!美しいたたずまいの本。
≫最近撮った本 | 11:27 | 仕事 | comments(0)
2013.11.05 Tuesday
 林檎秋映え
林檎の季節ですねえ。絵になるねえ。手前の濃い色は秋映。渋いかっちょいい色合い。

林檎モチーフ
モチーフとしての林檎もなんともたまらんものがありまして、左はアメリカの東海岸のどこだったか、、でアップルタイザーを飲みに寄った林檎農家の土産物コーナーで購入したもの、右はクロヌマタカトシさんの木彫り林檎。

林檎イラスト
去年にお菓子研究家福田里香さんの林檎のお菓子を福岡のクリムという雑誌で撮らせて頂いた時のイントロ部分はイラストレーター松野美穂さんの絵。素敵だなあ。松野さんは福田さんのご指名。福田さんはお菓子だけでなくこういうページ構成のアイディアにあふれていらっしゃいます。

私事でありますが、本日から撮影は産休に入りましたー。
カメラマン生活15年ばびゅーんと突っ走って来まして初のロング撮休。
まあここまで撮った分の本番データ作業もあるし、産休になったらやろうと後回ししまくっていたことを書き出してみたら随分たくさんあって、ああ、私が「明日出来ることは今日やる」(by mille books藤原さん)タイプだったらなあ、、、。しかし時既に遅し。一個一個片付けていく所存であります。

秋の日々、どうぞお元気で!
≫林檎 | 19:18 | 日々 | comments(0)
2013.11.04 Monday
アアルト
お知らせが遅くなってしまいました。
書籍「まよいながら、ゆれながら」(中川ちえ・文、馬場わかな・写真)発売記念「つながって、輪になって」in徳島アアルトコーヒー、始まっております。
11/16(土)まで開催中で、本の中からと未掲載写真、あわせて約25点展示して頂いております。
会期中、あんざい果樹園の林檎と梨、dans la natureのお菓子、maison romi-uniのお菓子の販売もしているそうですよ!
どれも美味しいのでお近くの方、いらっしゃいましたら是非!

11/1~11/16(土)
アアルトコーヒー aalto coffee and the rooster
徳島市佐古二番町18-12
080-679-7550
営業時間12時〜18時
日・月曜定休

アアルトコーヒー庄野さんには東京で2回くらいちらりとお会いしただけですが、見るからに味わい深いおもしろ兄貴(あ、年は知らないけど)で、庄野さんのところに展示して頂けて嬉しいんであります。

この巡回展、長崎諫早オレンジスパイス〜徳島アアルトコーヒー〜奈良風の栖〜大分nicoドーナツ〜東京in-kyo、と続いて行きます。
写真達が色んな場所で素敵な人達にお世話になりながら旅していってることにぐっと来ます。
ありがたいことです。
今回は私は一緒に回れないけれど、落ち着いたら訪ねたい場所が各地に増えてわくわくしてます。
≫つながって、輪になってin徳島アアルトコーヒー | 09:34 | 作品 | comments(0)
2013.10.15 Tuesday
祝0

祝1

祝2

祝3

祝4

祝5

吉祥寺ヒトトで行われました写真展「祝福」10/14で終了致しました。
お時間を作って見にいらして下さった皆様、撮らせて下さった二階堂和美さんファミリーとマネジメントカクバリズム宮奥さん、中島デコさんとブラウンズフィールドの皆さん、omoto鈴木康人さん智子さんとその仲間達、素晴らしい機会を下さったオーガニックベース奥津さん、デザイン大平さん、会場となったヒトトで美味しいごはんと気持ち良い空間を提供してくれた河村さんとスタッフのみなさん、プリントをパネルにしてくれたクロマートさん、冊子印刷大東印刷さん、本当に本当にどうもありがとうございました!!


オーガニックベース奥津さんから「祝福というイメージで写真展を」とメールを頂いたのは昨年末。実はそのもっと前に一度、「マザーというタイトルで」というお話も頂いたのだが、その時は、こどものいない自分、というよりなかなかこどもが出来ないことを残念に思ったり引け目を感じたりしていた自分には「マザー」を撮れる気がせずお断りしてしまいました。
「祝福というイメージ」をどうしようかなー、と考え始めた頃は、まあこどもは出来なきゃ出来ないで仕方ないさ、それにしてもまあ生まれてくるっていうのは随分大変なことなんだなー、などと思っていた時でもあり、そのうちDMにもした「祝福とは何か、と思ったとき、それは日々だな、と思った。何万分の一の奇跡的な確率でこの世に生まれてきたことそのものが祝福だ、と。せっかくの命だ。退屈も、感動も、ままならなさも、ささやかな喜びも、色々ひっくるめて日々ありがたく楽しもう。命を持って生まれたこと自体が祝福されているのだ、というありがたさを日常のふとした瞬間に感じられたら」という感覚が浮かんできたのでした。
それにしても「祝福」をそのままタイトルにするのはおおげさかな、日々、にしてサブタイトルにしようかな、などと迷った時もあったけれど、言い訳することはない、そのまんまがいい、と思い直しました。
「祝福」しかり、一年半前の「笑顔の未来」しかり、照れちゃうような、直球の言葉を投げかけてくれた奥津さんには本当に心から感謝です。
そして、祝福=日々、日常を撮らせてくれませんか?などというおかしなお願いを快諾して下さった三組の皆さんも本当に本当にありがとうございます。
しかも撮り始める頃には妊娠がわかり、特に超初期のぼんやり期間に伺ったomoto鈴木家、デコさんのブラウンズフィールドでは、写真を撮りにいったはずなのに、ちょっと仮眠します、、などと言って仮眠させてもらったりしてしまいました。あれ、、安定期に行った二階堂さんのところでも仮眠させてもらったような、、。

祝福、という言葉についてもこんなに意識する機会もなく、撮らせてもらった皆さんに伺ったり、考えたりする内、まあ言葉にするとおおげさだけれど、もはやとにかく、生きる、も、生きた、も、すごいんだぜ、という感覚が根っこにあると、いやになっちゃうこと満載でも、それは底の方で必ず支えに、ほのかな灯りになるな、と改めて思ったのでした。
撮ってる瞬間はなにも考えてないけど、、。

怒濤の写真展ウィークが終わり、今日からまた通常営業に戻りましたが、振り返って、すごい機会を、時間を頂いたな、、とあらためて感謝であります。

今一度、どうもありがとうございました!!

祝6

≫写真展「祝福」終了しました | 21:21 | 作品 | comments(0)