2013.04.29 Monday


昨日聞きに行ったオーガニックベース開催の種市のトークショー、素晴らしかった。
福島あんざい果樹園から札幌でたべるとくらしの研究所を始めた安斎伸也さん、農のコミューンをやっていた両親のもとで育ち、現在は西荻窪のらぼうで三鷹など近くの生産者の野菜を使った料理を作る明峯牧夫さん、そしてマクロビオティックを面白くしよう、伝えよう、と教室やカフェをしている奥津夫妻。
それぞれの毎日の生活と考察から出る身体の実感のこもった言葉。
現実は見つつ、希望と未来と、明るい方、楽しい方を求める姿勢が気持ち良かった。
大きくしていけばリスクも大きく、小さくする面白さや、小さい規模のものがぽこぽこあって繋がり合う良さの話、生産者は淋しい=消費者も味気ないのかもしれない、もっとふみこもうという話、スプラウトでもなんでもいい、何か作ってみよう、野菜だけでなくDIYすると身体で色々わかるという話などなどなど。
色々とヒントがいっぱいだった。
文字起こしが読みたい位。


良い一週間を!
≫種市 | 08:38 | 日々 | comments(0)

Comment










<< おへそ的買いもの展 | main | まよいながら、ゆれながら >>