2013.11.26 Tuesday


ツイッタにばらばらと書きましたが、ある日届いた荷物。あけると中は二階堂和美さんの「ジブリと私とかぐや姫」CDと、映画館で配られるかぐや姫のプロモーションDVDで、そこには境内で撮らせて頂いた二階堂さんの写真を使って頂いていて、うれしくてありがたかったのですが、早速聴いてみたら贔屓目抜きで、書き下ろされた曲からジブリのカバー曲まですんごくよかった!です。
音楽の喜びがきらきら輝いていて、いい曲色々の中で、全体の中ではメインではないかもしれないけれど「歩き回って走り回って」〜「歓喜」への流れに感じる魂の自由さがまたよくて、、CD嬉しくリピートしております。
CDには曲作りの過程での高畑監督と二階堂さんの往復書簡が入っていて、ともに物を作る真剣勝負、お二方の真摯な態度、素晴らしいものを読めたな、、と思いました。
生み出す二階堂さん、引き出す監督。

幸運にも試写で見せて頂いたかぐや姫、線画のようなアニメーション表現と描かれる風景の美しさに口をあけて見とれ、人間の愛おしさや駄目さや不条理さにふむむと思い、二階堂さんの歌のタイミングがぴったりだなあと思い、実に実に良い映画鑑賞体験をさせてもらった、、と思いました。
すごいなあ、、。

こどもの頃大好きだったカリオストロの城、ナウシカ以来(いつの話、、)久々にジブリ映画をふたつも(風立ちぬとかぐや姫)観た今年であります。
≫かぐや姫と二階堂さん | 20:15 | 日々 | comments(0)

Comment










<< つながって、輪になって in 奈良風の栖。 12/1まで | main | おもてなし野菜料理と文庫本 >>